2011 03 / 02 last month≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04 next month
スポンサーサイト  --/--/--  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 | スポンサー広告  | Page Top↑
Rhodanthe_after_cocoa  03/22/2011  
*卒業した後の二人の話

「幸村くん、荷物届いてるよ」
「ありがとうブン太」

机に向かっていた幸村くんが眼鏡を外して、椅子を回す。

「レポート終わりそう?」
「うん。ブン太は?」
「俺ももうちょっと」
「じゃあ休憩しよっか。ココアいれるから座ってて」
「あ、うん」

荷物を炬燵の上に置いて、中に潜り込む。
幸村くんは多分コーヒーとか紅茶とかの方が好きなんだけど、俺のためにココアをいれてくれる。
同居をし初めてから、俺の好みをたまに優先してくれる。
良いのかな、とも思う反面、ちょっと嬉しかったりするんだけど。

「はい、熱いから気をつけてね」
「あ、ありがとう」

幸村くんからココアを受け取り、ゆっくり息をふきかけて冷ましながらちらりと幸村くんを見た。
中学生のときの面影もあるけど、それよりも大人っぽいし、中性的なイメージもそのままだけど
どことなくかっこよくなって。

「どうしたの?」
「なっ、なんでもない」
「ココア美味しい?」
「うん」

ぴた、と炬燵の中で足が絡まる。
お互いに足が冷えていたので、苦笑しながらココアを飲んだ。

「もうすぐ年末だね」
「うん。幸村くんなに見る?」
「今年も紅白見よう」
「去年はクラッシックで年越ししたよな」
「今年は?」
「ガキ使とか!」
「…いつ年越したかわからなくなるよ」

ふふ、と俺の好きな笑い方をしてからココアをすする幸村くん。
何気ないことだけど、こういう仕草を見るたびに好きだなって自覚する。

「ブン太」
「な」に?

不意討ち。
言葉は途中で飲み込まれ、代わりに幸村くんの唇が押し当てられる。

「っ、はぁ、」
「可愛いね」
「…、幸村くん、いきなりするなよな」
「あまりにも可愛いからさ」

可愛いなんて、幸村くんくらいしか言わないけど。
でもその言葉が、嬉しくて、もどかしいけど、でも

「ありがと」
「どういたしまして。レポート終わったら、デートしようか」
「…うん」


中学生の時は、本気で好きで、高校生の時には、色々悩んで

でも結局やっぱり好きだから、こうやって一緒に住んでる。

ふわふわな髪の毛を触っていいのも俺だけ。
それってちょっと嬉しいよな。

「また可愛い顔してる」
「…幸村くんのこと考えてた」
「恋してる顔ってことかな」


あまりにも軽く恥ずかしい台詞を吐かれたので、真っ赤な顔を隠すために、ココアをテーブルの上において、幸村くんの胸に顔を埋めた。


おまけ
「ところでこの荷物なに?」
「布団だよ。この前ブン太のでロデロになっちゃったから」
「っ!」

ちょっと大人の関係になりました。



***あとがき
幸ブンって百合に近いね!
スポンサーサイト
 | BL  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑
あなたへのしぐなる  03/18/2011  
「よしっと…もう安全みたいだな」

抱き止めていた少年の顔をのぞきこもうとして、バチン!と軽く頬を叩かれた。

「いって…!何すんだよ…!」
「ま、守ってくれなんて言ってねぇよばか!」

慌てて俺の腕の中から身をよじって逃げ出し、机の上に乗る。
横目で見つつ、サイドテーブルから落下したフィギュアを拾いあげた。

「あーぁ。俺の長門が落ちちゃっ…あぁああああ!!」
「な、な、なんだよ」
「長門のギターのアンプが、欠けてやがるっ…!!!くそ地震のヤロォ…!!」

プルプル震えながら大事そうに長門を撫で、なのはやストライクウィッチーズなど美少女のフィギュアが並べられている隣にそれを置いた。

「んだよ、そんなに大事なら俺じゃなくてそいつ守ればいーじゃん」

ぷい、と横をむいて頬を膨らますそいつ。

「なんだよ、嫉妬してんのか?」
「はぁ?ちげーし、俺なんか守ってもらわなくてもっ…!?」

また地震。かなり揺れがでかいな。
机に掴まりつつ、そいつを見ていると、
涙目になりながら必死で机に乗っている。
手出しをしてやらないでしばらく見つめていると、身体を震わせながらこちらを見た。

最初から素直になればいいのに。
ま、それはこっちも一緒か。

「ほら」
「っ…!うるせえ!」

せっかく手を広げてやってるのに、そいつは飛び込んでこない。
しがみついて必死になるのを見て、もやもやする自分の心に従うように、そいつを抱きしめた。

「うわっ」
「しがみつくなら俺にしろよ」
「…うるせーよキモオタ…」
「フィギュア持ってるからってキモオタと断定するにゃ早いぜ」
「あずにゃんペロペロとか言う奴がキモオタじゃなきゃ誰がキモオタなんだよ」
「世間をみてみ?俺をはるかに凌駕する奴たくさんいるから」

ぐだぐだ喋っていると、地震もおさまったのか揺れなくなる。
今度はゆっくり腕を離す。逃げられなかった。

「そ…その、」
「なんだよ?」
「あ…ありがとう、な」

顔を真っ赤にしてそう言ったので、白いふわふわした髪の毛を撫でた。
気持ち良さそうに目を閉じるそいつに軽くキスして、また抱きしめる。

「あんま可愛いことするとやるぞ」
「は、はぁ!?」
「キモオタだからな。お前ペロペロしてやる」
「…これはひどい」

ぎゅ、と軽く服を握られたので、もう一回頭にキスをして、また抱きしめた。


フィギュアより大切なのはお前、なんて、言ってやんねーけどな。


*****
あなたを男体化したら?の診断の結果→(イケメンのキモオタ)と、わたしのパソコン(白いNEC)
地震で我が身よりまずパソコンを守った、というツイートから派生しました\(^o^)/

わたしなにしてるの
 | BL  | TB(0)  | CM(1) | Page Top↑

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード