2010 07 / 06 last month≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08 next month
スポンサーサイト  --/--/--  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 | スポンサー広告  | Page Top↑
恋心に天使  07/28/2010  
体の調子も良かったので少し遠出して、東京まで出た。
大した距離ではないかもしれないが、自分にとっては、少し遠い。

一通り店を見たあと、本屋に入った。
洋書がずらりと並んでるコーナーへ入ろうとして、ふと、見知った顔を見つけた。
全国大会で、俺に勝利した坊やだ。
しばらく見ていると、視線に気付いたのか後ろを振り返り目を軽く開いた。

「なんであんたがここにいんの」
「たまには遠出しようと思ってね」
「ふーん」

お互いジャージ姿しか見たことがなかったが、私服でも、彼の印象は変わらなかった。

「ねぇ、何見に来たの」
「君は?」
「俺はこれ」

右手で差し出されたのは「月刊プロテニス」。
そういえば今日が発売日だった。

「で?」
「俺は詩集を見に来た」
「詩集?」
「坊やにはまだ早いかな」

少しからかうと、むすっとした様子で洋書を見つめている。

「ねぇ、その坊やってのやめない?」
「越前」
「…リョーマ」

ボソッと呟かれたので一瞬わからなかった。が、すぐに名前を告げられたのだと理解する。

「リョーマくん?」

ふふ、と笑うと彼は笑いながら、「それがいい」と言った。
そして、

「ねぇ」
「ん?」
「ちょっと屈んでくんない」

不思議に思ったが、いわれた通りに屈むと、
唇に、

「え」

「じゃあ、またね」

ひらひらと後ろ手に手を振る彼を呆然とみたあと、我にかえる。

「…やってくれる」

とんでもないルーキーが青学にはいるな、と思いながら、キスされた唇を指でなぞった。

******
男前受け!(主張笑)
あんまり形が固まってないまま書くと、わけわからんちんになります。
でも彼ら中学生だしね!!リョーマくんアメリカ人だしね!!
外でキス余裕だよね!!
これからこのキスをネタにされます。幸村くん、好き!←
スポンサーサイト
 | BL  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑
「お疲れさん、」

こんな言葉をかけるなんて、無いと思ってた。

「終わったね」

泣くでもなく、感傷に浸るでもなく、
王者立海の部長はただそこに立ったまま、遠くを見つめていた。

「負けたのにずいぶんすっきりした顔しとるのう」
「君もだろ」

さらっとこちらを見透かすその目がこちらに向く。
目を合わせて喋ったことなんて、もしかしたら無いかもしれない。

「一番は柳じゃろ」
「幼なじみと戦ってすっきりしたみたいだね」

制服の裾が風で少し揺れた。

「赤也に、部長がつとまるかのぅ」
「大丈夫だろ、昔の源一郎に良く似てる」
「…そうか?」
「君がまだちゃんと練習に参加してない時期の、ね」

幸村は立ち上がり、振り返えってこちらを見た。

「君も高等部に行くんだろ?」
「あぁ」
「また、一緒にテニスをしよう」

夕日を背にした幸村の姿は、いつかどこかで見たような気がする。
ただ、あのときは消えてしまいそうだったけれど、いまはしっかりとそこに存在していた。

差し出された手を、握り返す。

「おぅ」

小さく呟いた仁王の言葉に、幸村は笑みを溢す。

「ダブルス、俺とやってみる?」
「え」
「冗談」

ふふ、と笑いながら俺の横を通り過ぎ、ドアノブに手をかけて

「じゃあまたコートで」
「…じゃあの、」

ぱたん、と音を立てて閉まる扉に、物悲しさと、期待を感じた。


***
なにこの仁王\(^O^)/
屋上で卒業式のちょっと前、みたいな…
ラブラブって感じじゃないしそして仁王くんは攻めだけど28っぽい仁王くんではなく
幸村にリードされつつ、みたいな\(^O^)/
 | 未分類  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード