2017 05 / 04 last month≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06 next month
スポンサーサイト  --/--/--  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 | スポンサー広告  | Page Top↑
BeforeCookie  01/19/2012  
「なおみー」

呼ばれて振り返った瞬間に口の中にクッキーが放り込まれた。

「もぐ…」
「美味いだろぃ?」

目に入ってきた赤色にチカチカしたが、瞬きしてからじっと見る。

「俺が作ったんだ」
「美味しい…」

感想を呟くと、丸井くんは破顔して嬉しそうに言った。

「残りはこれな!」

手渡された小さな包みは、ピンク色に白いリボンがかけられた可愛らしいもの。
受けとると、ふんわりと甘い匂いが鼻腔をくすぐった。

「割らずに持って帰るのが難しいじゃん…」

嬉しいのについそう言ってしまうと、丸井くんはデコピンして、

「割れても嬉しいから大丈夫だって!」

と自信満々に言ってからラケットを担いだ。

「んじゃ俺、部活行ってくるから」
「あ、うん。ねぇ、なんでこれ」

なんでこれくれるの?と言おうとしたら、

「忘れてた!」

と言ってガサゴソと鞄から何かを探しだしミニカードを渡される。

「これ!」
「えっ」

手渡されたミニカードを見ると「ハッピーバースディ」とかかれていた。

「あっ!!??誕生日か今日」
「忘れてたのかよ!」
「すっかり」

「変な奴」と苦笑されて、それから丸井くんはまたテニスバックを担ぎ直す。

「そろそろ行かないと幸村くんから怒られるから行くなー」
「あ、うん」
「大切に食えよー」
「もちろん!」

教室から出ていく丸井くんの背中を見て、はっとしてその背中に言う。

「あっ!ありがとね!!!」

そういうと丸井くんは振り向いて手を振った。

「誕生日おめでとうな、なおみー!」


それに感動してじーんとしてしまった。

もう一度包みの匂いをかぐ。
甘い、美味しそうな匂い。

早く食べたいようなとっておきたいような気持ちになりながら、教室のドアを開けた。



そのあと仁王にからかわれて背中蹴飛ばしたのはいうまでもない。



誕生日おめでとう嫁!
スポンサーサイト
 | 未分類  | TB(1)  | CM(0) | Page Top↑
Rhodanthe_after_cocoa  03/22/2011  
*卒業した後の二人の話

「幸村くん、荷物届いてるよ」
「ありがとうブン太」

机に向かっていた幸村くんが眼鏡を外して、椅子を回す。

「レポート終わりそう?」
「うん。ブン太は?」
「俺ももうちょっと」
「じゃあ休憩しよっか。ココアいれるから座ってて」
「あ、うん」

荷物を炬燵の上に置いて、中に潜り込む。
幸村くんは多分コーヒーとか紅茶とかの方が好きなんだけど、俺のためにココアをいれてくれる。
同居をし初めてから、俺の好みをたまに優先してくれる。
良いのかな、とも思う反面、ちょっと嬉しかったりするんだけど。

「はい、熱いから気をつけてね」
「あ、ありがとう」

幸村くんからココアを受け取り、ゆっくり息をふきかけて冷ましながらちらりと幸村くんを見た。
中学生のときの面影もあるけど、それよりも大人っぽいし、中性的なイメージもそのままだけど
どことなくかっこよくなって。

「どうしたの?」
「なっ、なんでもない」
「ココア美味しい?」
「うん」

ぴた、と炬燵の中で足が絡まる。
お互いに足が冷えていたので、苦笑しながらココアを飲んだ。

「もうすぐ年末だね」
「うん。幸村くんなに見る?」
「今年も紅白見よう」
「去年はクラッシックで年越ししたよな」
「今年は?」
「ガキ使とか!」
「…いつ年越したかわからなくなるよ」

ふふ、と俺の好きな笑い方をしてからココアをすする幸村くん。
何気ないことだけど、こういう仕草を見るたびに好きだなって自覚する。

「ブン太」
「な」に?

不意討ち。
言葉は途中で飲み込まれ、代わりに幸村くんの唇が押し当てられる。

「っ、はぁ、」
「可愛いね」
「…、幸村くん、いきなりするなよな」
「あまりにも可愛いからさ」

可愛いなんて、幸村くんくらいしか言わないけど。
でもその言葉が、嬉しくて、もどかしいけど、でも

「ありがと」
「どういたしまして。レポート終わったら、デートしようか」
「…うん」


中学生の時は、本気で好きで、高校生の時には、色々悩んで

でも結局やっぱり好きだから、こうやって一緒に住んでる。

ふわふわな髪の毛を触っていいのも俺だけ。
それってちょっと嬉しいよな。

「また可愛い顔してる」
「…幸村くんのこと考えてた」
「恋してる顔ってことかな」


あまりにも軽く恥ずかしい台詞を吐かれたので、真っ赤な顔を隠すために、ココアをテーブルの上において、幸村くんの胸に顔を埋めた。


おまけ
「ところでこの荷物なに?」
「布団だよ。この前ブン太のでロデロになっちゃったから」
「っ!」

ちょっと大人の関係になりました。



***あとがき
幸ブンって百合に近いね!
 | BL  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑
あなたへのしぐなる  03/18/2011  
「よしっと…もう安全みたいだな」

抱き止めていた少年の顔をのぞきこもうとして、バチン!と軽く頬を叩かれた。

「いって…!何すんだよ…!」
「ま、守ってくれなんて言ってねぇよばか!」

慌てて俺の腕の中から身をよじって逃げ出し、机の上に乗る。
横目で見つつ、サイドテーブルから落下したフィギュアを拾いあげた。

「あーぁ。俺の長門が落ちちゃっ…あぁああああ!!」
「な、な、なんだよ」
「長門のギターのアンプが、欠けてやがるっ…!!!くそ地震のヤロォ…!!」

プルプル震えながら大事そうに長門を撫で、なのはやストライクウィッチーズなど美少女のフィギュアが並べられている隣にそれを置いた。

「んだよ、そんなに大事なら俺じゃなくてそいつ守ればいーじゃん」

ぷい、と横をむいて頬を膨らますそいつ。

「なんだよ、嫉妬してんのか?」
「はぁ?ちげーし、俺なんか守ってもらわなくてもっ…!?」

また地震。かなり揺れがでかいな。
机に掴まりつつ、そいつを見ていると、
涙目になりながら必死で机に乗っている。
手出しをしてやらないでしばらく見つめていると、身体を震わせながらこちらを見た。

最初から素直になればいいのに。
ま、それはこっちも一緒か。

「ほら」
「っ…!うるせえ!」

せっかく手を広げてやってるのに、そいつは飛び込んでこない。
しがみついて必死になるのを見て、もやもやする自分の心に従うように、そいつを抱きしめた。

「うわっ」
「しがみつくなら俺にしろよ」
「…うるせーよキモオタ…」
「フィギュア持ってるからってキモオタと断定するにゃ早いぜ」
「あずにゃんペロペロとか言う奴がキモオタじゃなきゃ誰がキモオタなんだよ」
「世間をみてみ?俺をはるかに凌駕する奴たくさんいるから」

ぐだぐだ喋っていると、地震もおさまったのか揺れなくなる。
今度はゆっくり腕を離す。逃げられなかった。

「そ…その、」
「なんだよ?」
「あ…ありがとう、な」

顔を真っ赤にしてそう言ったので、白いふわふわした髪の毛を撫でた。
気持ち良さそうに目を閉じるそいつに軽くキスして、また抱きしめる。

「あんま可愛いことするとやるぞ」
「は、はぁ!?」
「キモオタだからな。お前ペロペロしてやる」
「…これはひどい」

ぎゅ、と軽く服を握られたので、もう一回頭にキスをして、また抱きしめた。


フィギュアより大切なのはお前、なんて、言ってやんねーけどな。


*****
あなたを男体化したら?の診断の結果→(イケメンのキモオタ)と、わたしのパソコン(白いNEC)
地震で我が身よりまずパソコンを守った、というツイートから派生しました\(^o^)/

わたしなにしてるの
 | BL  | TB(0)  | CM(1) | Page Top↑
Rhodanthe  10/09/2010  
赤い髪がやけに目につくな、と思った。

それ地毛?と質問して、どっちだと思う?と可愛く微笑みかけられたのが、最初の会話。

そのあと偶然テニス部で一緒になって、三年。この気持ちに気づいてから約二年。

その気持ちは伝えることなく、多分このまま、昇華されていくんだろう。
優勝出来なかった事実も、後ろから付きまとう。

「幸村くん、」

屋上庭園で花を見ていたら、珍しく声をかけられた。

「丸井」
「やっぱここだったか。女子が探してたぜィ」
「え?」
「聞きたいことがあるとかなんとか。多分美化委員の奴だったけど」
「あぁ、そういえば」

すっかり忘れてた、と付け足すと、丸井は笑った。

「幸村くんって少しおっちょこちょいだよな」
「そうかな」
「この前もさ…」

コロコロ変わる表情は見ていて飽きない。
思い出す時は少し右上を見て話す癖も、何度も目にしてる。

「幸村くん?」

勝手に手が延びていて、丸井のほっぺに触った。
甘いものを大量に摂取している彼の身体は、どこも柔らかそうだと思っていたが、ほっぺも柔らかかった。

「ごみが付いてたから」

余計な嘘をついて、名残惜しいが手を離す。

「ありがと」
「どういたしまして」

笑ってそのまま屋上から出て行こうとする。

「あ、あのさ!」

突然、後ろで丸井が叫んだ。

「俺さ、幸村くんが、部長で、良かった!この三年間、楽しかった!だから」

気付かれた。自分の、暗い部分に。
もし俺が部長じゃなかったら。病気じゃなかったら。
そんなことばかり最近考えてしまう。
「もし」なんて、考えてもしょうがないのに。
なのに。ずっと、心の底で。優勝旗を手にした自分たちを、思い描いてたのに。
負けて、悔いがないわけないじゃないか。

「だからっ…また、幸村くんと、テニスがしたい」
「丸井」

そうやって、人の気持ちにさといところ、すごく、すごく

「…幸村くん?」

丸井の背中に手を回した。
明るい彼に何度も救われた。
救われたんだ。

「ありがとう」
「えっ、何が?」
「…俺に、元気をくれた」
「それが特技だしな!」
「ふふっ、そうだね」

そうだ、そんな君を、昔から、

「いつか、言うね」
「ん?何を?」
「いまは秘密」
「ちぇー、気になる」
「秘密だよ」

昇華させてはいけない、この大切な気持ち。
明日も明後日も、ずっと、この気持ちは、変わらない。

*

「なんて、あったなぁ」
「幸村くん!写真とろうぜ!」
「うん」

丸井が仁王にカメラを渡し、駆け寄ってくる。

「あー、もうちょい近寄らんと、入らん」

仁王が卒業証書の入った筒を、ブンブンと右に振る。
俺が丸井に寄りかかり、そして

「とるぜよー」

「丸井」
「なに?」
「好きだよ」
「…知ってるよ!」

カシャ


*end*

おまけ

「ほい、写真じゃ」
「サンキューなー後でまたみんなで撮ろうぜ」
「まずいまの写真確認した方が良いと思うぜよ」
「え?」
そういって、さっさか歩いていく仁王。
幸村くんはまた女の子に囲まれてるし。
こっそり、デジカメの写真を確認して。
「わっ」
幸村くんが耳元で囁く瞬間が、そこにおさまっていた。
「仁王のやつ…」
赤くなる頬を押さえながら、紙をいれて、印刷した。
筆箱からペンを取り出し、こっそり、余白に落書き。

(これからもよろしく)


*あとがき*
ナァニコレ/(^O^)\
キャラが迷子すいませんでした。
丸井くんのカメラはデジカメのポラロイドです。あれ便利よね!

ローダンセ→花言葉「変わらない思い」
 | BL  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑
スノーホワイト 1  08/24/2010  
最近、妙な奴に目をつけられた。気がする。

*

合宿所にある木々も、葉を地面に落とし始め、冬の香りが漂い始めた。

ハードな練習の合間にある、貴重な休憩時間。
幸村は壁に凭れながら、最近よく見かける彼を思い出した。

1年前、準決勝でベンチに座っていた彼。
シングルス1だったから、もしかしたら戦っていたかもしれない。
プレイを見る前に立海が勝ち、彼を目に焼き付ける前にその試合は終わってしまった。
名前は、

「幸村くんここにおったん」
「あ、」

向こうから、やってきた、彼。
白石蔵ノ介。
今年の全国大会で知り合ってから、何故かよく付きまとわれる。
嫌ではない。多分。

「気分でも悪いんか?」
「休憩してただけだよ」
「最近は風吹くと寒くなるから、ほどほどにな」
「そうだね」

包帯をまいた左手を見て、最初は怪我でもしたのかと思っていたが
ルーキー君を抑えるためだと苦笑いされたこともある。

「そういえば幸村くん、彼女とかおるん?」
「いや、居ない…けど」

最近こうして、話が恋愛方面に持っていかれることも多くなった。
理由はわからないが、好きなタイプや好きな場所など、細かく質問される。

「おらんの!?意外やなぁ」
「意外かな?」
「でもモテるやろ」
「君の方こそ」

自分ではあまり意識したことがないから、モテるモテないはわからないが
目の前の男がイケメンに分類されることくらいはわかる。

「ほんまに好きな子にモテへんと意味ないしな」
「あ、好きな子いるんだ」
「…気になる?」
「いや、別に」

そう答えたら、何故か白石くんが、がくっ!と頭を下げた。

「そこは気になるって言ってくれんと…」
「大阪の子だろ?見ても知らないし」
「いや、こっちの子やで。しいていうならいま目の前におるな」
「へぇ…」

あれ

「目の前?」
「おん」

「休憩終わるぞー!」

良いタイミングで誰かが呼びにきてくれた。
白石くんは眉を潜めながら、しゃーないな、と呟いて立ち上がる。

「ほな、行こうか」
「え、あ、あぁ」

右手を差し出されその手を掴むと、嬉しそうに彼は笑った。

「手、暖かいな」
「そうかな」

なかなか離さない手を訝しく思いながら、コートに向かって歩き出す。

「あ、ぶっちょー!あの…えっ」

コートに辿り着くと、赤也がにこやかに走りかけて…そして目を見開いていた。

「な、何してるんすか…」
「え?」
「やー切原くん、邪魔せんといてくれる?」
「じゃ、邪魔って…」
「赤也、行こうか」

繋いでいた手を振り払って、そのまま走り去る。

「…なにしてんスか」
「人の恋路邪魔する奴は馬に蹴られんで、切原くん」

笑いながらまた幸村を追いかける白石を見ながら、赤也は呆然と呟いた。

「…まじかよ」

****
多分いつか続きを書きます。
しらゆき書こうとしたのに
白石→幸村←赤也
とか意味不明なことに/(^O^)\
ギャグ書きたかったけどどうしてもこうなるのであった。
 | BL  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード